読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mちゃんとの恋バナ ~バイト先で再会!!~

私は、今、42歳です。今からお話しする出来事は、ちょうど21年前のお話です。

~出会い、ではなく再会~

私は、非常に奥手というか、マイペースな若者で、周りの友達が彼女をつくることに躍起になっていても、我れ関せずという感じで、合コンにも参加せず、大好きな音楽(作詞・作曲)とバイクに没頭する日々を送り、気がつけば21歳になっていました。
アルバイトは、スポーツクラブのマシーンジムインストラクターをしていました。そのアルバイト先がこの恋愛の最大のポイントかもしれません。

そのアルバイト先に、高校3年生のとき、同じクラスだったMちゃんが、新規会員として現れたのです。
高校のときは、私は猛烈にシャイで、秘かにMちゃんをかわいく思っていたのですが、一度も話したことはありませんでした。そんなMちゃんに、私は、マシーントレーニングを教えながら、意外にスムーズに話せるようになっていました。


~初デート~

そんなMちゃんに、私は、最近、作詞・作曲をしている話をしました。そうすると、Mちゃんは予想以上の反応をして、私のオリジナル曲をカーオーディオで聴きたいという話になり、自ずとデートをすることになったのです。実際、二人きりで過ごしてみると、なんだか意気投合しました。


~急展開~

それから、2~3回デートを重ねて、ふたりはキスをしました。その日は、朝帰りでした。そのあと、間もなくお互いの自宅を行き来するようになりましたが、私はもちろんのこと、Mちゃんも初めての恋愛で、Hはなかなかうまくいきませんでした。それでも、何回かチャレンジして、ようやくうまくいきました。そのとき、ふたりでゲラゲラ笑い合ったことを懐かしく思います。


~その後、そして今~

その後、ふたりは4年付き合いました。ふたりとも、社会人になっていました。そんなある日、Mちゃんの様子をおかしく感じるようになりました。直感でした。残念ながら、その直感は当たっていました。会社の人と浮気をしていたのです。私は、去る者は追わない性格なので、強くは引き止めませんでしたが、とても悲しかったです。はじめて、失恋ソングも作りました。
それから、半年後、Mちゃんから連絡があり、「私、騙されてた。口だけの男だった。やっぱり、あんたが優しい」と言われました。そして、また、ふたりは会うようになりました。しかし、残念ながら、何かが前と違っていて、もう、それが元に戻ることはありませんでした。
Mちゃんの今は、正直、よくわかりません。最後に偶然に出会ったときは、Mちゃんは妊娠していて、近々少し遠いところに引っ越しすると言っていました。

 

 

http://xn--n8jr1fn5n762w82i0s9a.com/

ちょっと不思議な気持ちに。こんなところで出くわすとは笑

日々、ブログ日記など執筆の案件をこなしています。それが最近、ネットサーフィンをしているときに思いがけない形でいつか投稿した文章に出会ってしまい、ちょっと驚きました笑。 それは探そうと思って見つけたわけではないだけに、びっくり度も大きかったです。 たまたまネットサーフィン中にたどり着いた某サイト内を何となく眺めていると、いろいろな人の意見が書いてある掲示板があり、ふむふむと軽い気持ちで読んでいたそのときでした。 掲示されていたある記事を読み進めながら、うんうん、そうだそうだと共感の嵐の中、私もまったくもってそう思うしそう考えていると、そう同感したそのときです。 「あれっ?何か、やけにこの文章私の構成に酷似してるなあ。ていうかこれ書いたの覚えてる!私の投稿文そのものじゃない笑!」 こんなところにこんな形で載ったんだなと、いつか投稿した覚えのあるそれが他ならない自分自身の投稿であることに気づくのに、時間はかかりませんでした。 しかし自分で書いたものを自分で改めて眺めてみると、「へえ~」と何か不思議な感じがしたものです。 プライド、と言うと何か他者を見下しているみたいなニュアンスにも聞こえてあまり好きではありませんが、 伝えるということにいい意味でプライドと言いますか誇りや使命感のようなものを自分なりに持つようになってから久しい私です。 私もそのサイト内の他の人たちの投稿文を見て共感したり、勇気づけられたりしたように、 そこに一緒に載っている私の投稿を読んでくれた人もまた元気になったり力になったり何がしか意味を与えることができたらと思うので、 これからも投稿を通して人の役に立つことができたらと思いました。

キンドルで読書をするにあたり良い点とそうでない点

数ヶ月前から、キンドルの「Kindle Unlimited 読み放題」で本を読んでいます。「読み放題」を利用するのと古本を買うのとどちらが得か考えた結果、1ヶ月に20冊以上読めば「読み放題」のほうが得だという結論に達し、「読み放題」を利用し始めました。それ以前にもキンドルで本は多少読んではいたのですが、「読み放題」でない本は紙の古本を買ったほうが安く上がるので、そんなには利用していませんでした。しかし、「読み放題」だと読めば読むほど得なので、1ヶ月平均30冊は読んでいます。安く上がること以外にキンドルが良い点は、まずかさばらないことです。紙の本は読んだら読んだ分だけたまっていきますが、キンドルではそれがありません。また、夜寝る前に布団の中で読書をするのにも、部屋の電気を消したままでいいですし、読んでいるうちに睡魔に襲われて眠ってしまっても、勝手に画面がオフになるので電気の消し忘れがありません。読書にあきたら、そのままキンドルでちょっとネットしたりゲームしたりすることもできます。けっこう便利です。が、良くない点もいくつかあります。上を向いて寝た状態で読む時キンドルのふちを持つのですが、指が画面にちょっと触れてしまうとページが移動してしまうのです。それを避けるためにはしっこを持つと、今度は支えきれずに落としてしまいます。上を向いて読んでいるので、落ちると顔に当たります。何回か痛い思いをしました。やっぱり上を向いて読むには紙の本のほうがよい気がします。あと、推理小説などで登場人物が目次のすぐ後にまとめて書いてあるような場合、紙の本ならすぐそこに戻って確認できますがキンドルではできません。というようにキンドルで読書をするにあたっては、良い点とそうでない点がありますが、おおむね満足しています。あとは「読み放題」にもっとメジャーな本を増やしてもらえたら言うことないのですが。

読書、イラストを描く、音楽を聴く、カラオケ、ゲームが趣味

漫画や小説をよく読みます。漫画はホラーや格闘、ギャグなどの幅広いジャンルの漫画を読みます。小説は純文学、現代もの、歴史ものとこちらも幅広く読んでいます。 特に漫画では伊藤潤二先生の作品「双一シリーズ」、小説では江戸川乱歩の「孤島の鬼」がお気に入りです。暗い雰囲気の作品は癖になり、何度も読みたくなる中毒性があって魅力的だと思います。 イラストをよく描くのですが、アナログで描くときもあればデジタルで描くときもあります。気分で変えたり、用途で選んだりします。基本は漫画やアニメのキャラクターを描くことが多いですが時々、オリジナルのキャラクターを考えたりもします。小説はキャラクターのビジュアルが決まっていないものが多いのでそのキャラクターを自分でデザインしている時は本当に楽しいです。いつかイラストを仕事にできたらいいと考えています。 音楽を聴いていると一つのことに集中しやすいし、何より楽しい気分になりたい時やリラックスしたい時は欠かせません。J-POPやアニソン、クラシック、洋楽など何でも聴きます。その時の気分やシチュエーションに合わせて聴いています。 カラオケはストレス発散になるし、採点機能で楽しんでいます。日々歌っていることが多いので歌うこと自体が趣味ですね。 ゲームはリズムゲームが好きで家にある初音ミクのゲームで遊んでいます。あとはスマホで様々なリズムゲームを見つけては試しています。

嫁さんとはなかなか共通の趣味がありません。

気にすることでもないのですが、今までデートを重ねてきた中で共通の喜びはすくないんですね。まだ結婚前に普通のデートの際、雑貨やさんに行こうと一緒に行くのですが、確かに小さな小物がたくさん置いてますし、しゃれた置物が並んでいてアートみたいになってます、ただ、値段を見るとドン引きして私は後退りしてお店から退散します、見てるだけでも楽しいらしく、それはそれでいいけど私は退屈ですので外をうろちょろしています。同じように私がバッティングセンターに行きたいって着いてきてくれましたが、一緒にバッティングマシンで遊ぶのかと思いきや、「終わったら電話して」と言って車に乗ったままスマホでLINEゲームを始めました。女の子でも打てるゆっくりボールのゲージがあるのに、私としては女の子の慣れないバッティングが可愛くて見たかったのに、興味がないらしいのです、やはり男と女の違いでしょうし、興味なくても着いてきてくれることにありがたく思います。そんななんとなくの二人にも子供が生まれると子供を楽しませるのは共通の喜びとなってます、公園や遊園地など県内の子供向けの施設は行きまくってます。やっばり片方だけが楽しいよりみんなが一緒に楽しめる方がいいですね、娘ですので最近はママと娘で雑貨やさんに行ってます。バッティングセンターには私一人で行ってます。娘には野球に興味持ってくれたならと淡い期待を持ってますが、今のところ可能性は無さそうです。

小さな町にある癒し空間広がる素敵な格安美容室

めんどくさがりな性格の私は、美容室に行くのが三ヶ月~半年に一度というズボラなほうです。いよいよ女子力低下気味なので、先日4ヶ月ぶりに髪を切りに行ってきました。私が通ってる美容室は住宅街の路地の中にあります。目立つような看板もないため外からだと中々どんなお店なのかわかりません。昨年結婚し小さな町で暮らし始め、美容室を新規開拓することになったので必死に探してたら偶然見つけたお店でした。必死ではなければきっと素通りしていたことでしょう。店内は若いお姉さんが1人で切り盛りしています。シャンプーとカットだと料金はたった2000円と良心的です。カットする時私に似合う髪形をよくわかってくれて細かく言わなくてもほぼ思い通りの仕上がりになるので技術的にも満足しています。さて、お姉さんとのお話も楽しくてカット料金も安いし技術もバッチリだったため、こちらの美容室に通うことに決めたわけですが、もう1つレアなサービスがあるのです。それは店主さんの愛猫「サミちゃん」とのふれあいです。サミちゃんは人見知りをしないため、初対面でも近くに寄ってきて撫でさせてくれました。気まぐれにシャンプーの時私の膝に乗ってきてぐでーんとおなかを見せて体を預けて寛いでいます。もうサミちゃんの座布団になった気分で、動物のぬくもりと愛らしさに終始癒されっぱなしです。猫カフェならぬ猫美容室でございます。猫好きにはたまりません。こんな素敵な美容室が近くにあって幸せです。

筋力トレーニングを行う事の大切さを実感しました。

私は最近、「筋力トレーニング」にはまっています。 私はバスケットボールを小学3年生から初めて社会人になった今でもやっています。 その競技力向上を目標として始めたのが「筋力トレーニング」です。 実際色々調べて始めてみると「声を出して重い重量を上げる」イメージとは裏腹に とても「地味で細かい」トレーニングが多くやっており、「効果が出ているのか」と実感するまでに時間のかかる物も多いことに気が付きました。 しかし、バスケットボールは体をぶつけあうスポーツ。当たり負けしない体を手にしなければまともに試合で通用すらしません。 何としても試合に出て活躍したかったので、地味な部分も継続することを決めました。 継続して3か月、ようやく効果を体感する場面が現れました。 長野県の地方リーグ戦。シュート態勢に入ったとき相手が体を当ててきました。 以前なら少しでも体が接触するとバランスを崩し、シュートを外してしまう場面。 その時は苦労してやってきたトレーニングの成果を出したいと強気に向かっていきました。 すると、体をぶつけた瞬間自分の体が堅く態勢を保ったままシュートを決めきることができたのです。 私は自分自身が立派な大木になったような気持ちになり、たった1プレーの出来事でしたが非常に感動したのを覚えています。 その後、私は筋力トレーニングの虜になってしまいました。 今後は大きな負荷を与えながらのトレーニングも取り入れていく予定です。

ふわふわパンケーキが美味しいカフェに行ってきました

先日、友人と一緒にふわふわパンケーキが人気のカフェに行ってきました。駅からはちょっと離れた距離にあるので行きにくいのですが、友人が車を出してくれることに。実は以前から行ってみたかったお店なので、誘われてラッキーです。お店の外装ですが、パリをイメージしているのかな?以前フランスに旅行に行った時、パリのおしゃれな建物にすごく目を惹かれました。そんなパリ風の外装でしたが、店内は北欧系だったり。今人気のリサ・ラーソンのシールがあちこちに貼ってあったりと、コンセプトは案外バラバラなんですね。でも可愛いのは可愛いですし、どっしりとしたソファの席があるのが嬉しい!喫茶店とかカフェはつい長居してしまう方なので、職業柄腰痛もありますしこういうソファの席があると嬉しいんですよね。さて、とりあえず頼んだメニューはみんな美味しいと絶賛していたふわふわのパンケーキ。ホットのルイボスティーも頼みました。最近カフェインにめっきり弱くなってしまいましたので、ノンカフェインの温かい飲み物があるとすごく嬉しいです。基本的にコーヒーとかなので、飲むと動悸が辛いんです。友人は本日のおすすめコーヒーを頼んでいました。コーヒーは好きなのに飲めなくなってしまったのが残念。そしてあれこれ話している間にパンケーキも登場。本当にびっくりするくらいふわふわなのに旨味が濃い!なんでも、ホテルのレストランでシェフをしていた旦那様のオリジナルだそうで。これはリピートしちゃいます。

1月2月は毎年恒例の県外仕入れ先の来社が多い

水産業界に勤める私の会社には毎年1月2月は県外の仕入れ先の担当者の人が来社します。1週間に1社ないし2社来ます。理由は明白です。年末が終わるとこの業界は1月、2月は度暇です。小売店は年末の在庫が残り、それを販売するので注文はほとんど来ません。どうにか普通通りに戻るのが2月の後半です。さて今年はいろんな人が来社して話をすると、少し様子が違います。水産業界は今、漁獲量の減少と、それに伴う相場高騰による価格高騰で商社、卸問屋、小売店と軒並み売り上げ低迷しています。少しでも売ろうと利益を下げて売るので、利益も低迷しています。物価を上げれば業績が上がり給与が増えるという政府のもくろみとは裏腹に物価が上がったらすべてが悪くなるという悪いスパイラルに入っています。また中国や台湾の大型客船の寄港の話も出ました。私の住む県でもそうですが、他県においても観光客が一度に何千人も訪れてもニュースで見るような爆買いはほとんどないそうです。買い物をするのは最終寄港地くらいのもので途中では、飲食店街で食べるくらいで、行政の思惑通りの成果は上がっていないそうです。このように、日本全国に販売している商社の人達と話をすると、景気がいいのは東京だけで、他県は景気の向上は全く見られないことがわかります。先日政府が日本は外国に借金をしていないから大丈夫のような話をしていましたが、専門家によれば赤字国債の借金は膨大に膨らんでおり、財政破たんしてもおかしくない金額だと言っていました。この現状を見るとトランプ大統領の政策がもしかしたらいいのかもしれないと思いはじめました。

香川に来たら、うどんを頂きます。でも、毎日、うどんは?

今日は、香川県へ出張でした。香川といえば、うどん。今日も間違いなく、昼はうどんになるでしょう。 今まで6回香川に出張したことがありますが、そのうち、5回昼ごはんはうどんでした。全て接待ですが、うどんでした。 そして、今日もやはり、うどん、でした。 確かに、美味しい。こしがあります。残念ながら、この美味しさを表現する語彙力が私にはありません。ただ言えるのは、シンプルで、うどんの味がいっそう引き立つと思われる、釜玉うどんを食べたのですが、これが、美味しい。シンプルだからこそ、うどんの味が引き立つようです。 香川のうどん屋さんには、天ぷらやおにぎりの他に、おでんもあります。初めてうどん屋でおでんが並んでいるのを見た時は驚きましたが、今では、うどん並みに楽しみになってます。特徴は、酢味噌のような味噌ダレをたっぷりつけて食べることです。これが、いい味を出してるのです。今日は、すじと豆腐にその味噌ダレをつけて食べました。 満足、満足。 連れて行ってくれた香川の人は、昼はほぼ毎日うどんだそうです。香川県民は毎日うどんの人が珍しくないそうです。確かに、この店にも並んで入りました。また、車で道を走っていても、うどん屋の多いことに驚きます。 確かに、美味しい。天ぷら、おにぎり、おでんもあり、いろいろ食べれます。でも、毎日食べるのは、どうでしょう。さすがに、飽きると思うのですが。 そう思いながら、美味しく、うどんとおでんをお腹いっぱい頂きました。